(株)東京資源 相場情報

弊社東京資源では、ほぼ毎日「相場情報」を発信しております。国内はもちろん、中国等海外のスクラップの動きも分かる相場情報です。

11月09日 相場情報

【11月9日:今朝の状況】

※為替(ドル/円):1ドル114円00銭【06:50現在】
※N.Y.ダウ:25461(-190)
※N.Y.金:1225.10(-3.60)
※N.Y.原油:60.67(-1.00)
※LME銅($/t)現物
午前:6137.0(-73.0)
午後:6165.5
※NYC銅(¢/lb)11月:273.70(-1.55)
※LМE銅相場状況
前半は米FOMCを前に売られたが、後半は買い戻された。

※本日時点予想計算値:
ロンドン午前:750円 ロンドン午後:740円 N.Y.:730円

【11月8日:昨日の状況】

※日本国内銅建値:740円(11月8日より-20円)
※上海先物取引所:11月49500(+40)
《CMRA?》
カタールの超大手デイーラーであったり、ヨーロッパ・オランダのデイーラーであったり、その気になれば、いきなり話しかけて商売の話が出来るので、CMRAはとても良いビジネスチャンスです。
※今回、小生は全く関係のないと思っていた韓国の伸銅メーカー(黄銅棒)の担当者と会う手筈を、弊社のスタッフがアレンジしていた為、韓国内の事情も聞くことが出来ました。
※「中国が7類輸入禁止」政策を打ち出して以降、韓国内ではナゲット加工を始める会社が増えているそうです。日本と同様ですね。
※その為、同社向けに雑ナゲットを売り込む会社が増えており、「韓国国内の雑ナゲット(Cobra)は買い易くなった」と感じているようです。
※逆に二号銅(Birch cliff)は入手しにくくなっている。中国に流れる為。
※黄銅棒メーカーですから、真鍮のダライ粉(night)をメインに原料を調達していると思いますが、中国と関係ないと思われる韓国メーカーにも、7類禁止が影響しているという話でした。
風が吹けば桶屋が儲かる的なことが、全世界中で起きている訳です。
※おまけ:
今回のCMRAは誰と話そうが、何しろ、会話の口火は「中国がXXの輸入を止めるから◯◯だ」でした。
「Cause China stop buying〜XX, so I want to ◯◯(←buy か sell) 」という一文だけを覚えて行けば、(英語が苦手な小生でも)ちょっと喋れます(恥)。

※雑線(湘南ヤード持込):【11月8日現在】
【1】 雑線エフケーブル:200-210円
【2】 雑線・一般:170-180円
【3】 雑線B :60-100円
【4】 家電線 :付き物を取り売買可
【注意1:参考価格。理論値につき確認後の契約条件】
【注意2:歩留まりの呼称については、中国側の歩留まりを採用。】
【注意3:大口=約10トン単位の価格を基準としています。】
【注意4:コンテナ単位の場合、買手の有無に因り大幅に価格が変わる為、別途ご相談下さい。
以上